欲しいものリスト

Android/Nexus7カスタマイズまとめ

amazon
Nexus7のカスタマイズをまとめます。

photo-credit: syui



目次



日本語入力



# 項目 タグ
01 日本語メニューにする方法 ime
02 通常の文字入力を快適にする方法 keyboard
03 外部キーボードを使って文字入力を快適にする方法 bluetooth



基本設定



# 項目 タグ
01 壁紙の設定する方法 wallpaper
02 通知を一発削除する方法 delete
03 履歴を削除する方法 history
04 アプリをアインインストールする方法 uninstall
05 ストアにないアプリをインストールする方法 install
06 Google検索を素早く行う方法 search
07 画面の向きを固定する方法 display
08 ウィジェットを追加する方法 widget
09 Macとファイルのやり取りを行う方法 file
10 スクリーンショットを撮る方法 picture
11 Macのキーボードを使う方法 keyboard
12 Nexus7のメニューを日本語にする方法 japanese
13 Nexus7を開発者オプションを使って高速化する方法 japanese
14 Google Playのアプリをブログで紹介する方法 blog
14 SketchBook for Android を使って本格的なイラストを描く方法 別ページ
14 Nexus7のデスクトップをカスタマイズした 別ページ


アプリ



# 項目 タグ
01 Android Terminal Emulator Android で ターミナル
02 Fing ネットワーク検索 や Wake Up LAN など
03 Adobe Reader PDF View
04 アバスト!モバイルセキュリティ ウィルススキャン
05 アストロファイルマネージャー ファイルマネージャ
06 Clipper クリップボード拡張
08 Evenote メモ・ファイルの共有
09 GitHub GitHub クライアント
13 Perfect Viewer コミック View
15 SketchBookX ペイントアプリ
16 twicca Twitter クライアント
16 Skitch ペイントアプリ
17 Vi Mproved Touch テキストエディタ
18 VLC 動画プレイヤー
22 Google日本語入力Beta 日本語 IME
23 Dropbox ファイル共有
24 Complete Linux Installer Linuxのインストールを補助
25 日本語106/109キーボードレイアウト キーボード拡張
26 日本語フルキーボード For Tablet キーボードアプリ
27 Carbon Twitter クライアント
28 DICE Player 動画プレイヤー
29 ZArchiver 圧縮・解凍 アプリ
30 A Comic Viewer コミック View
31 Feedly RSSリーダー
32 Google+ SNSクライアント
33 Firefox インターネットブラウザ


rootアプリ


root権限必須のアプリです。root化のための手順は、以下の記事を参考にしてください。

Nexus7(2012)のAndroid4.4をroot化してみた
Nexus7で使っているrootアプリ
Androidのrootカスタマイズ vol.1

# 項目 タグ
01 SuperSU su
02 BusyBox command
03 AdAway adstop


Android Terminal Emulator



# 項目 タグ
01 zshやVimを使えるようにする方法 zsh
02 Gitを使えるようにする方法 git
03 Gemを使ってツールをインストールする方法 ruby



その他


# 項目 タグ
01 開封の儀 nexus7
02 Nexus7を半年使ってみた感想 nexus7
03 AndroidとiOS nexus7
04 Android端末でiPhoneと同じ使い方を試してみた結果 nexus7


日本語メニューにする方法


App一覧からSettingを起動し、そこで、 Language...を選択します。そして、一番上の項目を日本語に変更します。





通常の文字入力を快適にする方法


日本語フルキーボード For Tabletというアプリを使います。

日本語フルキーボード For Tablet(無料)

by Repy 評価:4.1(196)


設定方法


アプリをインストールしたら、設定を行なってください。様々な設定項目があるので、好みに合わせてください。設定 > 言語と入力を選択します。そこで、当該キーボードにチェックを入れます。そして、日本語フルキーボード For Tabletの項目の右端にある設定アイコンをタップします。



そして、 ハードキー配列変更を選択し、そこで、 日本語キーボード ローマ字入力を選択します。



その他、様々な便利設定がありますので、良さそうな設定があったら教えて下さい。


使い方


キーボード左上にある (全角)キーを押すと、ローマ字日本語入力できるようになります。




色々なキーがあるので、とても便利です。Bluetoothキーボードもいいですけど、タブレットは、できるだけ装飾品なしで使いこなせるように、このようなソフトウェアキーボードに慣れておきたいと考えています。


ちなみに、最初から導入されているキーボードの切り替えは、 英語キーボードの場合、Spaceを長押しします。日本語フック入力の場合は、変換キーを長押しです。




私の場合は、高さをちょっとだけ高く設定してみました。


外部キーボードを使って文字入力を快適にする方法


Nexus7に使う外部キーボードには、ポケモンキーボードがかなり人気らしいです。ここでは、ポケモンキーボードを便利に使う方法を紹介して行きたいと思います。


バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)

¥2,604


バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)
¥1,998


キーボードをBluetooth接続した後、アプリ一覧 → 設定 → 言語と入力 から接続したキーボードの設定を開きます。








そして、キーボードレイアウトの設定を選択し、設定できます。





日本語106/109キーボードレイアウトをインストールすると、設定できる項目が増えます。







壁紙の設定する方法


ホーム画面にて、何もないところで、長押しします。すると、壁紙を選択するオプションが表示れます。




そこで、壁紙にしたい画像を表示できるアプリを選択します。ここで、 ギャラリーを選択すると、 Picasaにアップロードした画像を選択出来ます。 Picasaに画像をアップロードしたいときは、 公式サイトを利用してもいいし、コマンドを利用することもできます。 こちらの記事が参考になります。

sudo port install googlecl

google picasa create "Cat Photos" ~/photos/cats/*.jpg



通知を一発削除する方法


画面右上の通知領域にて、三段長方形をタップします。




履歴を削除する方法


Androidでは、ホームボタンの右側に履歴のようなものがあります。これを閉じるには、閉じたいウィンドウを上下にスワイプすればOKです。これは、現在開いているアプリ一覧なのですが、それ故に間違い防止の為一括削除は簡単にはできないようになっているのかもしれませんね。




アプリをアインインストールする方法


Nexus7でアプリをアンインストールする方法は、 iPhoneに似ています。アプリを選択する画面にて、アプリを長押しし、ホーム画面の左側 ✗ 印のところに持ってくだけです。





ストアにないアプリをインストールする方法


設定 > セキュリティ と進み、「提供元不明のアプリ」よりチェックと付けます。




ちなみに、 .apkファイルは、メールからも開けるので、 Gmailに保存して、それを開くという方法を採ることもできます。

Google検索を素早く行う方法


Nexus7の画面下から上へスワイプすると、Google検索が起動します。便利ですね。


画面の向きを固定する方法


デフォルトでは、画面を回転させると、向きが変わる設定になっていたいと思います。したがって、ホーム画面の右上をタップすると様々な設定オプションが出てきます。そこで、好きな画面の向きにしたあと、「画面の向きをロック」を選択します。




ウィジェットを追加する方法


アプリの選択画面にて、右にスワイプしていくと、ウィジェットを選択する画面が表示されます。ここで、ホーム画面に追加したいウィジェットを長押しして、置きたい場所に設定出来ます。



ちなみに、ウィジェットは設置後に幅や高さを変更できるものもあります。


Macとファイルのやり取りを行う方法


Linuxの場合は、 gMTPなどを使いましょう。ここでは、Macユーザーを対象とした解説です。Macユーザーは、 Android File Transferを使います。





スクリーンショットを撮る方法


電源ボタンとボリュームボタン(-)を長押しします。




Macのキーボードを使う方法


1keyboardというアプリを使うことで、MacがNexus7のキーボードとなります。インストール方法は以下の様な感じで進められます。


w3m http://www.eyalw.com/1keyboard/

aunpack 1Keyboard.zip

open 1Keyboard/OneKeyboard.app



1Keyboardは、メニューバーから使います。Nexus7でのBluetoothの設定は、通知センターから行うのが良いかと思います。






後は、 1Keyboardのショートカットキーを設定し、それを押せば、Nexus7に接続できると思います。ちなみに、接続キャンセルは、 Escです。





Nexus7のメニューを日本語にする方法


App一覧からSettingを起動し、そこで、 Language...を選択します。そして、一番上の項目を日本語に変更します。






Nexus7を開発者オプションを使って高速化する方法



Nexus7の開発者オプションを有効にする方法



まず、設定から「タブレット情報」の「ビルド情報」を 7回タップします。




すると、「開発者オプション」が表示されます。




開発者オプションにて、Nexus7を高速化する設定



デフォルトでは、「ウィンドウアニメスケール」「トランジションアニメスケール」「Animator再生時間スケール」が「1×」(1倍)になっているため、それを1.5倍にします。








Google Playのアプリをブログで紹介する方法



ChromeApp2HTML for GooglePlayをインストールします。





すると、 Google Playのアプリページの一番下に当該アプリへのHTMLコードが表示されます。





Android Terminal Emulator


Android Terminal Emulator(無料)

by Jack Palevich 評価:4.6(24533)



Fing


Fing - Network Tools(無料)

by Overlook 評価:4.8(23105)



Adobe Reader


Adobe Reader(無料)

by Adobe Systems 評価:4.4(299833)



アバスト!モバイルセキュリティ


avast! Mobile Security(無料)

by AVAST Software 評価:4.7(215071)



アストロファイルマネージャー


アストロファイルマネージャー(無料)

by Metago 評価:4.4(343600)



Clipper


Clipper - Clipboard Manager(無料)

by rojekti 評価:4.6(2848)



Evenote


Evernote(無料)

by Evernote Corporation 評価:4.7(580318)



GitHub


GitHub(無料)

by GitHub 評価:4.5(1046)



Perfect Viewer


Perfect Viewer(無料)

by Rookie001 評価:4.6(12242)




SketchBookX


SketchBook Express for Tablets(無料)

by Autodesk Inc. 評価:4.5(1022)



twicca


twicca(無料)

by Tetsuya Aoyama 評価:4.5(46428)



Skitch


Skitch(無料)

by Evernote Corp. 評価:4.3(42148)



Vi Mproved Touch


Vim Touch(無料)

by momodalo 評価:4.5(278)



VLC


VLC for Android Beta(無料)

by VideoLabs 評価:4.4(16676)



Google日本語入力Beta


Google 日本語入力(無料)

by Google Inc. 評価:4.1(8334)



Dropbox


Dropbox(無料)

by Dropbox, Inc. 評価:4.6(223115)



Complete Linux Installer


Complete Linux Installer(無料)

by ZPwebsites 評価:4.3(605)



日本語106/109キーボードレイアウト


日本語106/109キーボードレイアウト(無料)

by ta9mar 評価:4.9(41)



日本語フルキーボード For Tablet


日本語フルキーボード For Tablet(無料)

by Repy 評価:4.1(196)


Carbon


Carbon for Twitter(無料)

by dots & lines 評価:4.1(3832)


DICE Player


DicePlayer(無料)

by INISOFT_DEV 評価:4.5(5333)


ZArchiver


ZArchiver(無料)

by Ant-ON 評価:4.8(11284)


ファイル(フォルダも含む)を長押し選択すれば、メニューが表示されます(解凍の場合は、タップだけでメニューが表示されます)。



項目 内容
View アーカイブの中身を表示します
Extract here ここに解凍します
Compress... 圧縮します


A Comic Viewer



お気に入りのアプリである Perfect Viewerが落ちまくります。よって、しばらくは、 ACV(A Comic Viewer)を使ってみようと思います。


A Comic Viewer(無料)

by Robot Media 評価:4.3(11046)


Visual : ビジュアル



English Japanese
#Scale Mode
Choose how images will be scaled on the screen
#縮小
画像が画面上に縮小される方法を選択してください
#Transition Mode
Choose the animation for screen transitions
#遷移
画面遷移のアニメーションを選択してください
#Show screen number
Briefly shows the screen number in a corner
#番号
画面の隅に番号を表示する
#Invisible corners
Make corner buttons invisible
#非表示
隅のボタンを非表示にする
#Brightness
Adjust screen brightness
#明るさ
画面の明るさを調整する


Controls : コントロール


English Japanese
#Custom controls
Set the action of each control event
#カスタムコントロール
各コントロールのイベントのアクションを設定します
#Reading direction
Choose between left-to-right or right-to-left
#読む方向
左から右または右から左の間で選択します
#Auto-rotate
Rotate image when phone orientation changes
#自動回転
画像を回転させたときに、本体の向きの変更します


その他


History > Clear history 履歴を削除する
Advanced > Low memory mode プレロードやトランジションの無効

基本単語


English Japanese
width
height 高さ
image 画像
rotate 回転
zoom ズーム
browse ブラウズ
share 共有
open 開く
setting カスタマイズ
close 閉じる
tap 指を叩いて離すような操作
press 押す
long 長い
single シングル
double ダブル
trackball 指をつけたままずらすような操作
up
down
left
right
previous 前へ
next 次へ
fling 指を弾くような操作
bottom 画面下
corner
back 後ろ
volume 音量
default デフォルト


Feedly


Feedly(無料)

by Robot Media 評価:4.5(157,567)


Google+



Google+(無料)

by Robot Media 評価:4.1(736,000)


Firefox



Firefox(無料)

by Robot Media 評価:4.4(21,862)



zshやVimを使えるようにする方法



インストール



tmuxも入っていますので、とても便利です。


Term20121110.apkをインストールしてください。インストールする前に、既に端末エミュレータを導入している場合は、アンインストールしておきます。なお、配布元不明のファイルを実行するにはは、セキュリティ上の設定を変更する必要があります。




設定ファイル


まずは、パソコン:Dropboxに設定ファイルサンプルをコピーし、 タブレット:アストロファイルマネージャーでファイルをローカルに保存します。ちなみに、設定ファイルを GitHub で管理している人は、このあとに紹介する gitコマンドを使えるようにして、 git cloneすればいいと思います。


ちなみに、自分の場合は、設定ファイルは、項目別に小分けしていますので、必要な物を以下のように取り込みます。

cat /storage/emulated/0/dotfiles/sample/zsh_prompt >> ~/.zshrc



最初なので、程々に設定を取り込みました。ただ、いくつか不都合もあったため、適時修正しながらですが。



LANG=ja_JP.UTF-8
LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8
LC_ALL=ja_JP.UTF-8

if [ "$TERM" = "screen" ]; then
chpwd () { echo -n " _`dirs` \\" }
preexec() {
# see [zsh-workers:13180]
# http://www.zsh.org/mla/workers/2000/msg03993.html
emulate -L zsh
local -a cmd; cmd=(${(z)2})
case $cmd[1] in
fg)
if (( $#cmd == 1 )); then
cmd=(builtin jobs -l %+)
else
cmd=(builtin jobs -l $cmd[2])
fi
;;
%*)
cmd=(builtin jobs -l $cmd[1])
;;
cd)
if (( $#cmd == 2)); then
cmd[1]=$cmd[2]
fi
;;
*)
echo -n " k$cmd[1]:t \\"
return
;;
esac

local -A jt; jt=(${(kv)jobtexts})

$cmd >>(read num rest
cmd=(${(z)${(e):-\$jt$num}})
echo -n " k$cmd[1]:t \\") 2>/dev/null
}
chpwd
fi

#if [ "$TERM" = "screen" ]; then
#      precmd(){
#              screen -X title $(basename $(print -P "%~"))
#     TITLE=`print -P $USER@%m on tty%l: %~`
#     echo -n "\e]2;$TITLE\a"
#              }
#fi

# dabbrev
HARDCOPYFILE=$HOME/tmp/screen-hardcopy
touch $HARDCOPYFILE

dabbrev-complete () {
local reply lines=80 # 80行分
screen -X eval "hardcopy -h $HARDCOPYFILE"
reply=($(sed '/^$/d' $HARDCOPYFILE | sed '$ d' | tail -$lines))
compadd - "${reply[@]%[*/=@|]}"
}

zle -C dabbrev-complete menu-complete dabbrev-complete
bindkey '^o' dabbrev-complete
bindkey '^o^_' reverse-menu-complete

#alias w3m='LC_MESSAGES=ja w3m -O UTF-8 -bookmark /sdcard/dropbox/share/bookmark.html'
alias w3m='LC_MESSAGES=ja w3m -O UTF-8'
alias vi=vim
alias tmux="SHELL=$RBOX/bin/zsh tmux -S $HOME/tmp/tmux.socket"

LC_MESSAGES=ja
#カーソルキー上下で、ヒストリを検索できるようになる。
#bindkey " [A" history-beginning-search-backward
#bindkey " [B" history-beginning-search-forward
setopt prompt_subst
PROMPT='%~%% '
zstyle ':completion:*:default' menu select=1
setopt print_eight_bit
setopt auto_cd
setopt auto_pushd
setopt correct
setopt list_packed
fpath=($RBOX/share/zsh/4.3.17/functions $fpath)
autoload -U compinit
compinit -u
## Command history configuration
#
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=50000
SAVEHIST=50000
setopt hist_ignore_dups     # ignore duplication command history list
setopt share_history        # share command history data
bindkey -v
# historical backward/forward search with linehead string binded to ^P/^N
autoload history-search-end
zle -N history-beginning-search-backward-end history-search-end
zle -N history-beginning-search-forward-end history-search-end
bindkey "^P" history-beginning-search-backward-end
bindkey "^N" history-beginning-search-forward-end
alias fd='"$RBOX"/FD-3.00j/fd; export FDEXITDIR=`cat ~/.fd_exitdir`;cd "$FDEXITDIR";'
cd
export SCREENDIR=$HOME/.screen

# cdとlsの自動化
# http://qiita.com/items/e3c85fbe0fc4b939d0e2
alias ls='ls -a'
setopt auto_cd
function chpwd() { ls }

# ^で上の階層へ移動
# http://sho.tdiary.net/20060927.html
function cdup() {
echo
cd ..
zle reset-prompt
}
zle -N cdup
bindkey '\^' cdup

#Prompt
PROMPT="%{%F{white}%K{blue}%}  %n%{%k%f%}%{%F{white}%K{blue}%}@%{%k%f%}%{%F{white}%K{blue}%}%m %{%k%f%}%{%B%F{blue}%K{blue}%}%{%b%f%k%}%K{black}%F{white} %k%f%{%B%F{white}%K{cyan}%}  [%~]  %{%k%f%b%}%{%k%f%}%K{black}%F{white} %k%f%(?.%F{white}%K{red}%}  COMP  %k%f.%B%K{red}%F{red}%}  ERROR  %b%k%f)%{%K{black}%F{white} %k%f%F{white}%K{green}%}  -%h  %{%k%f%}%K{black}%F{white} > %k%f "

RPROMPT="%k%f%{%k%f%}%{%F{black}%K{white}%}  $LANG  %"

#alias
alias zs='vim ~/.zshrc'
alias zr='source ~/.zshrc'
alias vs='vim ~/.vimrc'
alias ts='vim ~/.tmux.conf'
alias t='tmux'

#TMUX Terminal Multiplexr Config..

#Make CTRL-a the default Command key
set -g prefix C-a

#This means CTRL-a CTRL-a switches to next window
bind-key C-a last-window

# Start numbering at 1
set -g base-index 1

#Set up some more rememberable split pane functions..
#unbind %
bind H split-window -h
bind - split-window -v

# Set status bar
set -g status-bg black
set -g status-fg white
set -g status-interval 3
set -g status-left-length 80
set -g status-left ' #[bg=yellow] [tmux] #[bg=black] #[bg=blue] SPI: #S #P #I #[bg=black] #[bg=green] #W #H #[bg=black] #[bg=cyan] #F'

# Highlight active window
set-window-option -g window-status-current-bg red

#Set the right side of status bar
set -g status-right "#[bg=white]#[fg=black] %X %a %x #[bg=black] "

#Auto set window title
setw -g automatic-rename
# http://mba-hack.blogspot.jp/2012/07/tmuxvi.html

# ペイン終了
bind g kill-pane

# ウィンドウ終了
bind K kill-window

# ペインの移動1(Vim風にする)
bind h select-pane -L
bind j select-pane -D
bind k select-pane -U
bind l select-pane -R

# 設定リロード
bind r source-file ~/.tmux.conf

" vim:set ts=8 sts=2 sw=2 tw=0: (この行に関しては:help modelineを参照)
set encoding=utf-8
" 文字コードの自動認識
if &encoding !=# 'utf-8'
set encoding=japan
set fileencoding=japan
endif
if has('iconv')
let s:enc_euc = 'euc-jp'
let s:enc_jis = 'iso-2022-jp'
" iconvがeucJP-msに対応しているかをチェック
if iconv("\x87\x64\x87\x6a", 'cp932', 'eucjp-ms') ==# "\xad\xc5\xad\xcb"
let s:enc_euc = 'eucjp-ms'
let s:enc_jis = 'iso-2022-jp-3'
" iconvがJISX0213に対応しているかをチェック
elseif iconv("\x87\x64\x87\x6a", 'cp932', 'euc-jisx0213') ==# "\xad\xc5\xad\xcb"
let s:enc_euc = 'euc-jisx0213'
let s:enc_jis = 'iso-2022-jp-3'
endif
" fileencodingsを構築
if &encoding ==# 'utf-8'
let s:fileencodings_default = &fileencodings
let &fileencodings = s:enc_jis .','. s:enc_euc .',cp932'
let &fileencodings = &fileencodings .','. s:fileencodings_default
unlet s:fileencodings_default
else
let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_jis
set fileencodings+=utf-8,ucs-2le,ucs-2utf-16le
if &encoding =~# '^\(euc-jp\|euc-jisx0213\|eucjp-ms\)$'
set fileencodings+=cp932
set fileencodings-=euc-jp
set fileencodings-=euc-jisx0213
set fileencodings-=eucjp-ms
let &encoding = s:enc_euc
let &fileencoding = s:enc_euc
else
let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_euc
endif
endif
" 定数を処分
unlet s:enc_euc
unlet s:enc_jis
endif
" 日本語を含まない場合は fileencoding に encoding を使うようにする
if has('autocmd')
function! AU_ReCheck_FENC()
if &fileencoding =~# 'iso-2022-jp' && search("[^\x01-\x7e]", 'n') == 0
let &fileencoding=&encoding
endif
endfunction
autocmd BufReadPost * call AU_ReCheck_FENC()
endif
" 改行コードの自動認識
set fileformats=unix,dos,mac
" □とか○の文字があってもカーソル位置がずれないようにする
if exists('&ambiwidth')
set ambiwidth=double
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" サイトローカルな設定($VIM/vimrc_local.vim)があれば読み込む。読み込んだ後に
" 変数g:vimrc_local_finishに非0な値が設定されていた場合には、それ以上の設定
" ファイルの読込を中止する。
if 1 && filereadable($VIM . '/vimrc_local.vim')
unlet! g:vimrc_local_finish
source $VIM/vimrc_local.vim
if exists('g:vimrc_local_finish') && g:vimrc_local_finish != 0
finish
endif
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" ユーザ優先設定($HOME/.vimrc_first.vim)があれば読み込む。読み込んだ後に変数
" g:vimrc_first_finishに非0な値が設定されていた場合には、それ以上の設定ファ
" イルの読込を中止する。
if 0 && exists('$HOME') && filereadable($HOME . '/.vimrc_first.vim')
unlet! g:vimrc_first_finish
source $HOME/.vimrc_first.vim
if exists('g:vimrc_first_finish') && g:vimrc_first_finish != 0
finish
endif
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" 日本語対応のための設定:
"
" ファイルを読込む時にトライする文字エンコードの順序を確定する。漢字コード自
" 動判別機能を利用する場合には別途iconv.dllが必要。iconv.dllについては
" README_j.txtを参照。ユーティリティスクリプトを読み込むことで設定される。
"source $VIM/encode_japan.vim
" メッセージを日本語にする (Windowsでは自動的に判断・設定されている)
if !(has('win32') || has('mac')) && has('multi_lang')
if !exists('$LANG') || $LANG.'X' ==# 'X'
if !exists('$LC_CTYPE') || $LC_CTYPE.'X' ==# 'X'
"      language ctype ja_JP.eucJP
endif
if !exists('$LC_MESSAGES') || $LC_MESSAGES.'X' ==# 'X'
"      language messages ja_JP.eucJP
endif
endif
endif
" MacOS Xメニューの日本語化 (メニュー表示前に行なう必要がある)
if has('mac')
set langmenu=japanese
endif
" 日本語入力用のkeymapの設定例 (コメントアウト)
if has('keymap')
" ローマ字仮名のkeymap
"silent! set keymap=japanese
"set iminsert=0 imsearch=0
endif
" 非GUI日本語コンソールを使っている場合の設定
if !has('gui_running') && &encoding != 'cp932' && &term == 'win32'
set termencoding=cp932
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" メニューファイルが存在しない場合は予め'guioptions'を調整しておく
if 1 && !filereadable($VIMRUNTIME . '/menu.vim') && has('gui_running')
set guioptions+=M
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" Bram氏の提供する設定例をインクルード (別ファイル:vimrc_example.vim)。これ
" 以前にg:no_vimrc_exampleに非0な値を設定しておけばインクルードはしない。
if 1 && (!exists('g:no_vimrc_example') || g:no_vimrc_example == 0)
source $VIMRUNTIME/vimrc_example.vim
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" 検索の挙動に関する設定:
"
" 検索時に大文字小文字を無視 (noignorecase:無視しない)
set ignorecase
" 大文字小文字の両方が含まれている場合は大文字小文字を区別
set smartcase

"---------------------------------------------------------------------------
" 編集に関する設定:
"
" タブの画面上での幅
set tabstop=8
" タブをスペースに展開しない (expandtab:展開する)
set noexpandtab
" 自動的にインデントする (noautoindent:インデントしない)
set autoindent
" バックスペースでインデントや改行を削除できるようにする
set backspace=2
" 検索時にファイルの最後まで行ったら最初に戻る (nowrapscan:戻らない)
set wrapscan
" 括弧入力時に対応する括弧を表示 (noshowmatch:表示しない)
set showmatch
" コマンドライン補完するときに強化されたものを使う(参照 :help wildmenu)
set wildmenu
" テキスト挿入中の自動折り返しを日本語に対応させる
set formatoptions+=mM
" 日本語整形スクリプト(by. 西岡拓洋さん)用の設定
let format_allow_over_tw = 1  " ぶら下り可能幅

"---------------------------------------------------------------------------
" GUI固有ではない画面表示の設定:
"
" 行番号を非表示 (number:表示)
set nonumber
" ルーラーを表示 (noruler:非表示)
set ruler
" タブや改行を表示 (list:表示)
set nolist
" どの文字でタブや改行を表示するかを設定
"set listchars=tab:>-,extends:<,trail:-,eol:<
" 長い行を折り返して表示 (nowrap:折り返さない)
set wrap
" 常にステータス行を表示 (詳細は:he laststatus)
set laststatus=1
" コマンドラインの高さ (Windows用gvim使用時はgvimrcを編集すること)
set cmdheight=1
" コマンドをステータス行に表示
set showcmd
" タイトルを表示
set title
" 画面を黒地に白にする (次行の先頭の " を削除すれば有効になる)
"colorscheme evening " (Windows用gvim使用時はgvimrcを編集すること)
"---------------------------------------------------------------------------
" ファイル操作に関する設定:
"
" バックアップファイルを作成しない (次行の先頭の " を削除すれば有効になる)
set nobackup
"---------------------------------------------------------------------------
" ファイル名に大文字小文字の区別がないシステム用の設定:
"   (例: DOS/Windows/MacOS)
" if filereadable($VIM . '/vimrc') && filereadable($VIM . '/ViMrC')
" tagsファイルの重複防止
set tags=./tags,tags
"endif

"---------------------------------------------------------------------------
" コンソールでのカラー表示のための設定(暫定的にUNIX専用)
"if has('unix') && !has('gui_running')
"  let uname = system('uname')
"  if uname =~? "linux"
"    set term=builtin_linux
"  elseif uname =~? "freebsd"
"    set term=builtin_cons25
"  elseif uname =~? "Darwin"
"    set term=beos-ansi
"  else
"    set term=builtin_xterm
"  endif
"  unlet uname
"endif

"---------------------------------------------------------------------------
" コンソール版で環境変数$DISPLAYが設定されていると起動が遅くなる件へ対応
if !has('gui_running') && has('xterm_clipboard')
set clipboard=exclude:cons\\\|linux\\\|cygwin\\\|rxvt\\\|screen
endif

"---------------------------------------------------------------------------
" プラットホーム依存の特別な設定

" WinではPATHに$VIMが含まれていないときにexeを見つけ出せないので修正
if has('win32') && $PATH !~? '\(^\|;\)' . escape($VIM, '\\') . '\(;\|$\)'
let $PATH = $VIM . ';' . $PATH
endif

if has('mac')
" Macではデフォルトの'iskeyword'がcp932に対応しきれていないので修正
set iskeyword=@,48-57,_,128-167,224-235
endif

set nobackup
set vb t_vb=
set showcmd
set laststatus=2
set statusline=%<%f\ %m%r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=%l,%c%V%8P
syntax on
let $LANG='ja'
filetype on
filetype indent on
filetype plugin on
nnoremap <Space> jzz
nnoremap <S-Space> kzz

" Disable input methods

"カーソルを表示行で移動する。物理行移動は<C-n>,<C-p>
nnoremap j  gj
nnoremap k  gk
nnoremap gj j
nnoremap gk k
nnoremap 0  g0
nnoremap g0 0
nnoremap $  g$
nnoremap g$ $

vnoremap j  gj
vnoremap k  gk
vnoremap gj j
vnoremap gk k
vnoremap 0  g0
vnoremap g0 0
vnoremap $  g$
vnoremap g$ $

source $VIMRUNTIME/delmenu.vim
source $VIMRUNTIME/menu.vim
let $LANG='ja_JP.UTF-8'
" http://qiita.com/items/14389dbaaa43d25f3254

" insertモードから抜ける
inoremap <silent> jj <ESC>
""inoremap <silent> <C-j> j
""inoremap <silent> kk <ESC>
""inoremap <silent> <C-k> k

" 行頭・行末移動方向をキーの相対位置にあわせる
nnoremap 0 $
nnoremap 1 0

" 挿入モードでのカーソル移動
inoremap <C-j> <Down>
inoremap <C-k> <Up>
inoremap <C-h> <Left>
inoremap <C-l> <Right>

" カーソル前の文字削除
inoremap <silent> <C-h> <C-g>u<C-h>
" カーソル後の文字削除
inoremap <silent> <C-d> <Del>
" カーソルから行頭まで削除
inoremap <silent> <C-d>e <Esc>lc^
" カーソルから行末まで削除
inoremap <silent> <C-d>0 <Esc>lc$
" カーソルから行頭までヤンク
inoremap <silent> <C-y>e <Esc>ly0<Insert>
" カーソルから行末までヤンク
inoremap <silent> <C-y>0 <Esc>ly$<Insert>

" 引用符, 括弧の設定
inoremap {{ {}<Left>
inoremap [[ []<Left>
inoremap (( ()<Left>
inoremap "" ""<Left>
inoremap '' ''<Left>
inoremap <> <><Left>



Gitを使えるようにする方法



cd $RBOX

w3m http://ux.getuploader.com/android_files/download/29/usr20121225.tar.gz

tar zxvf usr20121225.tar.gz







これで、 NeoBundleなんかも使えるようになるかもです(試していませんが)。


参考 :
ツールを公開してくれている rattcvさんに感謝です。
http://d.hatena.ne.jp/rattcv/20121225


Gemを使ってツールをインストールする方法


例えば、 Command-Line-Fuクライアントをインストールしてみます。

gem install cmdline-fu

cmdline-fu matching [キーワード]



このように、ワンライナーを検索できるようになります。





開封の儀

写真















スクリーンショット











SuperSU


SuperSU(無料)

評価:X.X



BusyBox


BusyBox(無料)

評価:X.X



AdAway


AdAway(無料)

評価:X.X