欲しいものリスト

イラストの練習10 -イラストを描くために使っている機材と色の塗り方-

amazon
イラストの練習、10回目です。イラストを描くたびにブログが更新されるのはウザすぎると思うので、これで最終回です。

photo-credit: IconAarchive


イラストを描くために使っている機材


Amazon 値段
Nexus7 (2012) ¥ 20,800
Jot Pro Dampening ¥ 2,045


私がイラストを描くために使っているものは、2つあります。


1つ目は、 Nexus7というタブレットです。

Yes got my new droid #nexus7 #google #tablet #7inch #killer


2つ目は、 Jot Proというスタイラスペンです。


どちらもお絵かき専用というものではありませんが、個人的にはおすすめです。


使用しているアプリは、 SketchBook Pro です。無料版であるSketchBook Express for Tabletsもありますが、多分、普通に使っていくだけなら、無料版で十分かと思います。


SketchBook Pro for Tablets(¥480)

by Autodesk Inc. 評価:4.1(1998)


SketchBook Express for Tablets(無料)

by Autodesk Inc. 評価:4.5(1168)



色の塗り方



目立つ影の塗り方



目立つ影、つまり色の濃い影は、シンプルに、かつ数は少なめに塗っていくといいんじゃないかと思います。


塗り方の手順は、以下のとおりです。


1. 各パーツ、例えば、顔や服などの線画を別々のレイヤーで保存し(これを"A"とします)、それぞれのパーツに1つずつ新しい真っ白のレイヤーを付けます(これを"B"とします)。レイヤーの優先順位は、A、Bの順です。


2. ここで、レイヤーAの背景を塗りつぶします。


3. 次に、レイヤーBで色を塗っていきます。レイヤーAで塗りつぶした部分には、色塗りの効果が及ばないため、色塗りが楽になります。


4. 次に、レイヤーAとレイヤーBを統合します(これを"C"とします)。


5. 最後に、結合してできたレイヤーCを"乗算"にします。


6. 以上を各パーツごとに繰り返します。


7. 最後に、複数のレイヤーCを統合していきます。




ヒント 1



よく使う機能としては、以下の通り。パーツが一つできるごとに、複製し、それに次のパーツを描き足していくとよいです。




まつげなどの描き方としては、以下の様な感じにすると良いです。髪の毛も後から付け足すことで、綺麗に仕上げることができます。




目立たない影の塗り方



目立たない影、つまり色の薄い影(背景色と比較し、近い色の影のこと)は、広く、かつベタに塗っていくといいんじゃないかと思います。


ヒント 2


SketchBook Proは、抜きが甘いらしいので、以下のブラシの終点が、始点と同じようにならない。このアプリの残念なところです。




線画はざっと描くため、時にはみ出してしまうことがあります。そういった時は、最後に背景色で塗りつぶし修正していくとよいです。




最後の仕上げとしての塗り方



最後の仕上げは、オリジナル要素を出すために行う塗り方を言います。


これは、スラっとなるように仕上げてもいいし、カラフルに仕上げてもいいしということです。


そのために使えるのが、「削り塗り」(*ここでしか通用しない言葉です)です。


削り塗りとは、感覚的に色をベターッと塗っていき、最後に、はみ出した部分や気に入らない部分を削っていく塗り方のことを言います。


以下、具体的な塗り方を説明します。


1. 新しいレイヤーを作成し(これをレイヤーBとする)、それを下に配置する

2. イラストが描かれたメインのレイヤー(これをレイヤーAとする)を乗算に設定する

3. レイヤーBでブラシのカラーを選び、感覚的にベターッと影や色を描いていく

4. レイヤーBでブラシのカラーを白に変更し、はみ出した部分などを削っていく

5. 最後にレイヤーAとBを統合して完成です。




ヒント 3



カラーを白にする。乗算にすると、この色は、透明色になる。よって、影をつけるのに便利。




・ 線が歪んでいて、何となく納得しないまま描き進めてしまうと、後で後悔するかもしれない。

・ ストックはいくつか描いておいたほうがよいかもしれない。

・ 耳は最後に付け足したほうがいいかもしれない。

・ 線画、レイヤーのバックアップは常に用意しておいたほうがいいかもしれない



イラストの練習10




主に、解説用に描いたものです。







今後は、 Pixiv の個人ページに投稿していく予定です。


http://www.pixiv.net/member.php?id=7279104


ただし、自分の中では、情報速度の優先をブログに設定していますので、多分、ブログのほうが早いです。


これからは、数十枚など一定の量が出来た時点で、イラストを公開していく予定です。


しかし、これはあくまで予定であって、いつもと同じようにイラストに飽きてしばらく放置する可能性も高いです。


よって、あまり期待はできません。