欲しいものリスト

Manjaro Linux カスタマイズ vol.3

arch
インストールしているソフトなど。

photo-credit: syui



Manjaro Linux カスタマイズ vol.3



Manjaro Linuxのカスタマイズ vol.1

Manjaro Linuxのカスタマイズ vol.2


GParted



フォーマットやパーティションの分割など。

$ sudo pacman -S gparted

$ sudo !$


http://rionaoki.net/misc/ubuntu/grub-2-basics


Lilyterm



最強のターミナルアプリ。軽量、高機能で言うことなし。

$ sudo pacman -S lilyterm



設定は、以下の設定ファイルを編集します。ここでは、デフォルトテーマを変更します。

$ vim ~/.config/lilyterm/default.conf



ウィンドウの透過は、以下のような項目を変更します。

transparent_window = 1

window_opacity = 0.120



https://wiki.archlinux.org/index.php/LilyTerm


Xcompmgr



ウィンドウの透過など。キーボードレイアウトを日本語配列に対応させるには、必須です。


ただし、conkyと同時に使うと上手く動作しません。注意してください。私は使っていませんが、好みの問題です。


$ sudo pacman -S xcompmgr

$ echo 'awful.util.spawn_with_shell("xcompmgr -cF &")' >> ~/.config/awesome/rc.lua

$ vim ~/.config/awesome/rc.lua



client.add_signalのところを変更します。

client.add_signal(fucus", function(c)
c.border_color = beautiful.border_focus
c.opacity = 0.6
end)
client.add_signal("unfocus", function(c)
c.border_color = beautiful.border_normal
c.opacity = 0.4
end)



なお、以下のコマンドで、xcompmgrを使うための設定が有効になっているかの確認ができるらしいです。

$ xdpyinfo | grep -i "render\|composite"



参考:
https://wiki.archlinux.org/index.php/Xcompmgr
http://viva-border.hatenablog.com/entry/2012/10/19/022841


日本語入力



iBus



$ sudo yaourt mozc

$ ibus-setup

$ sudo vim /etc/X11/xinit/xinitrc.d/99-ibus


#!/bin/bash
export XMODIFIERS="@im=ibus"
export GTK_IM_MODULE="ibus"
export QT_IM_MODULE="xim"
ibus-daemon -d -x


$ sudo chmod +x !$



参考:
https://wiki.archlinux.org/index.php/Mozc
https://wiki.archlinux.org/index.php/Systemd
https://sites.google.com/site/6eskymemo/note/funtoo-linux/x-server


iBus(ibus-setup)でON/OFFの切り替えキーの設定ができなくなっているみたいです。


また、Mozc Settingsでは、一部キーが認識されないようです。


これは、以下のページを参考に解消します。

ASCII キーボードで CapsLock キーを英数キーとして使用する


http://nyaruru.hatenablog.com/entry/2013/04/06/213423


uim



ibusかuimのどちらを使うかは、好みの問題です。

$ yaourt -S uim-mozc



export GTK_IM_MODULE='uim'
export QT_IM_MODULE='uim'
uim-xim &
export XMODIFIERS='@im=uim'
uim-toolbar-gtk3-systray &



$ sudo uim-module-manager --register mozc



$ uim-toolbar-gtk3-systray &

$ uim-pref-gtk

$ uim-xim &



以下を変更します。

- (define-custom 'generic-on-key '("zenkaku-hankaku" " ")
+ (define-custom 'generic-on-key '("hangul-hanja" " ")
+ (define-custom 'generic-off-key '("hangul-hanja" " ")



https://wiki.archlinux.org/index.php/Input_Japanese_using_uim


tmux



tmux-powerlineが連続して出てくるので、以下を設定します。

LANG="en_US.UTF-8"
LC_COLLATE="en_US.UTF-8"
LC_CTYPE="en_US.UTF-8"
LC_MESSAGES="en_US.UTF-8"
LC_MONETARY="en_US.UTF-8"
#LC_NUMERIC="en_US.UTF-8"
LC_TIME="en_US.UTF-8"
LC_ALL="en_US.UTF-8"



# enable utf-8 on status bar
set -g status on
set -g status-utf8 on


LC_NUMERIC="en_US.UTF-8"はコメントアウトしないと、 /etc/X11/xorg.conf.d/20-keyboard.confが書き換えられてしまう。


fdisk



復旧には、LiveUSBなどを使います。HDDをマウントしましょう。

$ fdisk -l

$ sudo mkdir /mnt/sda3

$ sudo mount /dev/sda3 /mnt/sda3